キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?

カードローン低金利|キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?

更新日:2015年 5月 8日

現在位置:カードローン低金利 > 返済方法 > キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?

キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?


金利の低いカードローンを利用すると、その分 利息も小さくなるんです!
キャッシング利用者にとってお得な情報なので、ぜひご覧ください。

カードローンで借入したあとは、返済が待っています。できれば、支払う利息=返済額を減らしたい!というのは、キャッシング利用者なら誰もが思うことですね。
では、どうしたら肝心の利息の負担を軽減できるでしょうか??

そもそもカードローン選びの際に、キャッシングの金利が低いとよいわけです。
まさにこれが理想とするカードローンの利用方法なんです。
しかし、方法はそれだけではなく、いくつかの方法があるのでぜひご覧ください。
今回は、カードローンの利息をおさえる2つの方法をご紹介します。
これから、キャッシングで借入しようとお考えの方も、既に利用している方も、この2つの方法を知ることで利息をおさえることができるようになりますよ。知らないと損なので、ぜひご覧ください。

■ 利息をおさえる2つの方法はこちら!

最終的な方法は、下記になると思うんです。

【1】 低金利のカードローンを利用する。
【2】 繰り上げ返済をする。

利息をおさえる2つの方法が、なぜ有効なのか?解説します。
そのためには利息がどのように計算されているのかを知る必要があります。

◎ 利息は、どうやって計算されるのか?

仮に下記のようにご案内します。
たとえば、あるカードローンの条件で返済する場合、

・ 借入額 : 10万円
・ 金利 : 15%
・ 返済方式 : 元利定額リボルビング
・ 月々の返済額 : 1万円

※ 初回の返済利息は、下記のように計算します。
⇒ 10万円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,233円となりますね。
解りますでしょうか?この計算方法が基本です。

返済額1万円の中で、1,233円が利息となります。
1万円 - 1,233円 = 8,767円

こうして、初回返済時に8,767円を元金に充てる事ができます。
すると残高ですが、10万円 - 8,767円 = 9万1,233円となります。

※ 2回目の返済時の利息は下記のように計算します。
⇒ 9万1,233円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,125円となりますね。

返済額1万円の中で、1,125円が利息となります。
1万円 - 1,125円 = 8,875円

こうして、初回返済時に8,875円を元金に充てる事ができます。
すると残高ですが、9万1,233円 - 8,875円 = 8万2,358円となります。

◎ 低金利のカードローンが、利息をおさえる方法

下記のように、15% と10%のカードローンを例に挙げてご紹介します。

・ 10万円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,233円
・ 10万円 × 10% ÷ 365日 × 30日 = 822円

このように、1,233円 - 822円 = 411円 利息の差があるわけです。
当然ですが、低金利のカードローンになれば、利息の節約になるになるんです!

◎ 繰上げ返済が、利息をおさえる方法

下記のように、15% と10%のカードローンを例に挙げてご紹介します。

・ 10万円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,233円 → 初回返済時の利息
・ 9万1,233円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,125円 → 2回目返済時の利息


このように、1,233円 - 1,125円 = 108円 元金が減ると利息が少なくなりました。
上記のように、金利は残高に対してかけられます。残高が小さくなればなるほど、利息も小さくなっていくんですよ。


じゃあ、余裕があれば残高を繰り上げ返済したら、ドンドンと利息が少なくなるんじゃないの?
その通りなんです。繰り上げ返済とは、月々の決まった返済額よりも多く返済すっることを言います。


繰り上げした返済分は、全て元金に充てられているので、利息が減るのも早くなります。
余裕があれば、利息を軽減してもっと上手くカードローンを活用できるということ、ご理解していただけたでしょうか??

■ 無利息サービスのある低金利カードローンとは?

実は、カードローンの借入をしたときには、無利息サービスのある低金利カードローンが良いんですよ!
初めての借り入れでは、一定の期間内に返済をすれば金利0円♪返済元金だけで金利は支払わなくて良くなるんですから、こんなサービスを利用しない手は無いということで、多くのカードローンの利用者から人気・評判となっております。

ローンの金利は、低ければ低いほど良い!というのは、当然ではないでしょうか?
返済するお金が少なくなるんですからね。どこのカードローンが低金利なのかしっかりと比較して選ぶと良いでしょう。

金利の判断には注意があります。金利を比較する観点には、最高金利いわば上限金利で見た方がよいというのを知っていますか?皆さん、カードローンの利用者のほとんどは最低金利いわば下限金利でみてしまっています。

例でいえば、5.0%〜18.0%のカードローンがある場合には、5.0%に目がいってしまいこれなら金利が低いと思い込んでしまっているのです。いいえ、確かに間違いではありませんが、あなたが初めてカードローンを借入しようとすると、最低金利ではなく最高金利になるということが注意すべき点なのです。注目するのは、ここでは18.0%となりますよ!

審査で借入ができるできないという結果があり、その後にはじゃあ金利はどれくらいで限度額はいくらと言う判断をカードローン会社はおこなうこととなります。実際にカードローン利用者に適用される金利は、皆さんの収入や生活環境によって異なる設定がされるということですね!

はじめは最高金利か?それにより近い金利が設定されることがほとんどです。チェックすべき点は、最高金利いわば上限金利ということをしっかりと覚えておきましょう。
先にご案内をした無利息サービスのある低金利カードローンでも同じでしょう。でも、金利が一定期間なら0円なので無理のない借入なら大変お得にご利用することができます。良くご検討して、返済計画に無利息サービスを盛り込んでお考え頂くのもいいですね!

◎ 【一定期間は利息0円】無利息サービスのあるローンを利用しましょう♪

今では、低金利がカードローン商材を選ぶ理由にもなっております。
実は、最大の低金利は今は無利息サービスだと言われています。とにかく、一定期間は利息が0円でかからないのです。

皆さん、カードローン利用者が比較するのは、銀行と消費者金融ですね。
これまでと同じカードローンサービスを提供する銀行と無利息サービスを提供する消費者金融では、どのくらい返済総額に差が出るのでしょうか?下記に簡単ではありますが、例を挙げて計算してまとめました。

例).<無利息なし>銀行カードローン
借入額が50万円で金利が15%の場合、
返済方式は元利定額リボルビング方式です。
月々の返済額は、5万円で返済をしていきます。

⇒ 完済まで11ヶ月で最終的な返済総額にかかる利息は、36,957円です。

例).<無利息あり>消費者金融カードローン
まず初回は30日間無利息なので元金5万円のみです。

⇒ 完済まで11ヶ月で最終的な返済総額にかかる利息は、29,989円です。

★まとめると、返済総額の差はこちら↓
36,957円 - 29,989円 = 6,968円

たった11ヶ月で、6,968円近くも利息に差が出るのなら、<無利息あり>消費者金融カードローンを利用することをおすすめします。
実は、こうしたお得もありますが、最大のお得は無利息期間内に完済することが一番です。無利息期間内に完済できれば、<無利息なし>銀行カードローンを圧倒して、利息0円で借り入れをおこなったことになります。

基本的には初めての方に向けた無利息サービスですが、中には何度でも借入した際の初回返済に関しては無料となっている消費者金融もあります。早めに完済できる予定がある方は、なおさら無利息サービスを活用しましょうね!

■ 繰り上げ返済は支払いを減らすのに有効手段!?

お金を借入してから、毎月の返済が発生してきます。もしも、あなたが返済に余裕ができてきたら繰り上げ返済をおこなうことをオススメします。繰り上げ返済とは、月々の返済額よりも多く返済をしていくことです。できれば、毎月の利息が同じ中でも返済額が多いと返済スピードがグッと早まります。

どうしましょう?毎月5万円ずつの決まった返済額を一回だけでも20万円支払うのです。

例).
借入額が50万円で金利が15%の場合、
返済方式は元利定額リボルビング方式です。
月々の返済額は、5万円で返済をしていきます。

繰り上げ返済をしない場合は、
⇒ 完済まで11ヶ月で最終的な返済総額にかかる利息は、36,957円です。

繰り上げ返済を、5万円+20万円する場合は、
⇒ 完済まで7ヶ月で最終的な返済総額にかかる利息は、21,518円です。

★まとめると、返済総額の差はこちら↓
36,957円 - 21,518円 = 15,439円

こうしてみると、繰り上げ返済なしと比較すると、15,439円も利息が浮きますね!
これは大きいですよ。そもそも20万円も追加返済ができればですがね。

毎月1万円でも2万円でも余裕があれば、繰り上げ返済をするとお得です!
返済期間が長引けば長引くほど、利息は増えて返済総額は大きくなります。何も皆さんが20万円も繰り上げ返済をおこなうことができません。まさにちりも積もれば山となりますから、コツコツと返済する繰り上げ返済があと後大きく効いてきます。

余裕があるときは、一般的にボーナスが出たり、臨時収入があるときですから、浪費するよりも我慢して思い切って返済に充てると利息が少なくて済みますね。
カードローン低金利|キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?|このページの先頭へ

金利が低いカードローンをお探しの方へ


≪ 金利が低いカードローンをお探しの方へ ≫
 キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?
 カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?
 カードローン低金利の比較で迷ったときは、どうする!?どのような方法で選ぶ??
 一般的に即日融資ができるカードローンの重要なポイントをまとめました。
 低金利のカードローンで借入しよう!3つの借入方法とは?
 総量規制対象外の低金利カードローン【銀行カードローン】の借入方法とは?
 おまとめローンは、複数の借り入れをまとめること。毎月の返済が軽くなる低金利のカードローンです。
 大口融資・大口ローンの借入ができる低金利カードローンを比較する
 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する


カードローン低金利|キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?|このページの先頭へ

現在位置:カードローン低金利 > 返済方法 > キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?

カードローンのお申込みの際は、契約内容をよくご確認ください。無理のない返済計画で借り入れをおこないましょう。
Copyright (C) キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする? 2015 All rights reserved. XML