愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?

【愛知県】カードローンを低金利で返済しよう!

更新日:2015年 5月 8日

現在位置:カードローン低金利 > 比較方法 > 愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?

愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?


★【愛知県】で、低金利カードローンのお申込みをしたい方へ!

愛知県の主要地域は、大きく尾張地方・西三河地方・東三河地方の3地域に分けられ、以下の38市7郡14町2村があります。
≪尾張地方≫
【名古屋市(16区)】千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,愛西市,あま市,一宮市,稲沢市,犬山市,岩倉市,大府市,尾張旭市,春日井市,北名古屋市,清須市,江南市,小牧市,瀬戸市,知多市,津島市,東海市,常滑市,豊明市,長久手市,日進市,半田市,弥富市 【愛知郡】東郷町【海部郡】大治町,蟹江町,飛島村【西春日井郡】豊山町【丹羽郡】大口町,扶桑町【知多郡】阿久比町,武豊町,東浦町,南知多町,美浜町
≪西三河地方≫
安城市,岡崎市,刈谷市,高浜市,知立市,豊田市,西尾市,碧南市,みよし市【額田郡】幸田町
≪東三河地方≫
豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市【北設楽郡】設楽町,東栄町,豊根村

■ カードローン低金利の比較で迷ったときは、どうする!?

はじめてカードローンを利用するという方が、安心してカードローンを利用できるようにするには、どのような比較方法で選んだらよいのでしょうか?
カードローンを比較するときには、本当に驚くほど多くの種類の中から選ばなければいけませんね。

カードローンを比較してどれにしようかと考えている方の中には、低金利のカードローンをお探しの方もいるし、どうしてもすぐに即日融資で借り入れできるカードローンも探している方もいらっしゃいます。

このようにカードローンの比較方法は、どこに選ぶポイントを置いているのかによって変わってくるのです。カードローンの比較方法を詳しく解説していますのでどうぞご覧ください。
まずカードローンには、大きくわけて銀行カードローン・信販系カードローン・消費者金融系カードローンの3つの種類があります。
(1)銀行カードローン ・・・ 3大メガバンク、信託銀行、地方銀行、ネット銀行、農林中金、信用金庫などが発行しているカードローンです。
(2)信販系カードローン ・・・ 信販会社、クレジット会社などが発行しているカードローンです。
(3)銀行系カカードローン ・・・ 銀行と提携している消費者金融会社などが発行しているカードローンです。

◎ 審査

審査基準は、銀行カードローンがもっとも厳しい、つづいて信販系カードローン、銀行系カードローンの順でやや柔軟になります。

◎ 金利

借入した際の金利も銀行カードローンがもっとも低金利ですし、つづいて信販系カードローン、銀行系カードローンの順で高利です。

■ 銀行カードローンの特徴を比較しよう!

銀行カードローンの基本的な申込資格は、20歳以上で安定した収入がある方です。
申込方法は、従来からの銀行窓口での申込と郵送による申込とくわえて、インターネットからのWEB申込が近年では急に人気が高まっています。スマホ・携帯電話からお手軽にどこにいても申込ができるので、仕事や所用に忙しい現代人に向いているわけですね。電話での申込み、または銀行口座を既に持っている方にはインターネットバンキングなどの申込経路が増えました。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行は、多くの支店ATMコーナーに大手の消費者金融会社のように無人契約機を設置しています。夜間や土・日・祝日にも申込ができるので、ネットから先に申込んでおくとすぐにその場でローンカードを発行できます。無人契約機に足を運んだりして誰かに見られるか心配な方は、口座に直接振り込みしてもらう融資方法を選ばれているようです。お手軽で内緒でカンタンにおこなえるために利用者も大変多いので、力を注力している銀行も増えてきています。

銀行カードローンは、金利は低いのですが消費者金融に比べると審査が難しい、審査やカードの発行までに時間がかかってしまう、という方からはこれまではご利用されていなかったのですが、最近は急に利用者が増えました。その理由は、専業主婦でも申込が可能!即日融資もできる!借換えもOK!などのように消費者金融会社がおこなう宣伝の文句もおこなっています。手軽さや利便性等のこれまでの銀行カードローンにはなかったウリが前面に出されています。

それもそのはず!銀行と消費者金融会社が提携しているカードローンも増えてきているからなのです。銀行カードローンに消費者金融カードローンのサービスが加わって人気と評判が格段にアップしたわけですね♪
下記の表に、銀行カードローンをいくつかまとめてありますので、ぜひご参照ください。

金融機関名 商品名 実質年率 限度額 返済方式 比較ポイント
 三菱東京UFJ銀行  バンクイック  4.6〜14.6%  500万円  残高スライドリボルビング方式 ・ テレビ窓口(無人契約機)設置支店あり。その場でカード発行可。
・ 学生・専業主婦(夫)・年金生活者申込可。
(主婦は30万円以内、学生は10万円以内)
・ 限度額100万円まで収入確認書類提出は原則不要。
・ 三菱東京UFJ銀行の口座不要。
 みずほ銀行  カードローン  4.0〜14.0%  1,000万円  残高スライドリボルビング方式 ・ 限度額100万円まで収入確認書類提出は原則不要。
専業主婦(夫)申込可。
 住信SBIネット銀行  カードローン
(プレミアムコース)
 2.49%〜7.99%  1,000万円  残高スライドリボルビング方式  ・ 限度額300万円まで収入確認書類提出は原則不要。はじめてカードローンを利用する場合、 最大2ヵ月 実質無利息
 イオン銀行  カードローンBIG  3.8〜13.8%  800万円  残高スライドリボルビング方式  ・ 限度額100万円まで収入確認書類提出は原則不要。
 ・ 専業主婦(夫)申込可。学生不可。
 ・ 口座保有者は最短当日借入れも可。
 オリックス銀行 カードローン  3.0〜17.8%  最高800万円 残高スライドリボルビング方式    ・ 限度額300万円まで収入確認書類提出は原則不要。
 ・ 借入残高30万円以下であれば月々の返済は7,000円から。
 ・ オリックス銀行の口座不要。
 楽天銀行  スーパーローン  4.9〜14.5%  500万円 残高スライドリボルビング方式   ・ 限度額300万円まで収入確認書類提出は原則不要。
 ・ 学生・専業主婦(夫)申込可。
 ・ 楽天銀行の口座不要。

低金利のカードローンを比較しよう!|このページの先頭へ

■ 大手信販系カードローンの特徴を比較しよう!

クレジットカードを発行する信販会社にもカードローンがあります。申込資格もやはり20歳以上で安定した収入がある方に限ります。申込方法には、いくつかありますが店頭での申込はありませんね。インターネットから電話・郵送からの申込みが必要です。

銀行カードローンと同じく口座に直接振り込んでくれる入金サービスも充実しています。
信販会社は、貸金業ですから総量規制の対象です。借入の限度額が収入の3分の1を上回ることはできません。大手信販系カードローンも総量規制の対象外である銀行カードローンのあおりを受けてしまっていますが、銀行カードローンに負けないような低金利を維持しています。案外、多くの皆さんがご存知なのが、大手信販系カードローンの特徴です。

下記の表をご覧ください。利用限度額と金利割引によって銀行カードローンより金利が低い場合があります。

金融機関/商品名 限度額/実質年率 返済方式 比較ポイント
オリックス・クレジット/VIPローンカード 50〜150万円/8.0〜14.8%
200〜250万円/5.9〜12.0%
300万円/4.8〜11.8%
350〜500万円/4.8〜6.9%
550〜800万円/3.5〜5.8%
50〜150万円/8.0〜14.8%
残高スライドリボルビング返済、あるいは元利込定額リボルビング返済 ・ 最短即日の振り込み融資可(WEB契約の場合)。
・ ボーナス払いとの併用可。
・ カードがない振り込みローンの「カードレスVIP」の場合、0.2%の金利割引あり。
・ 毎月定期収入があること。
三井住友カード/ゴールドローン 290万円以下/9.8%
300〜490万円/7.8%
500万円/4.5%
元金定額リボルビング返済 ・ 安定収入があること(学生不可)。
・ 返済実績に応じて翌年度利率を0.3%、 最大1.2%まで引き下げ。
・ カードがない振り込みローンの「ゴールドローンカードレス」の場合、0.6%の金利割引あり(500万円除く)。
・ 家族カードあり(ゴールドローンカードレス除く)。
・ HPにクイック診断あり。
クレディセゾン/マネーカード ゴールド 200万円/8.47%
300万円/6.47%
残高スライド定額リボルビング方式 ・ 年収600万円以上。
・ 学生・専業主婦(夫)・年金生活者申込不可。
・ 配偶者用カードあり。

カードローン低金利 比較方法|このページの先頭へ

■ 大手消費者金融系カードローンの特徴を比較しよう!

カードローンの代名詞と言えば、消費者金融カードローンでしょう。消費者金融は、以前よりも申込方法が充実しており、インターネット(パソコン・携帯電話・スマホ)からや店頭窓口、無人契約機、電話、郵送などといった多くの中から選ぶことができます。
特に、無人契約機が大変利用が多いのが特徴でもありますね。全国の国道沿いや街中などに多く設置されており、土・日・祝日でも申込みができるんです。そのために、時間がないという急ぎの方やATMが最寄りにあるという利便性からも、急にお金が必要な際にも対応できること、困ったときの借入の窓口として広く利用されています。

早い!カンタン!な振込キャッシングは、この消費者金融カードローンから始まりました。利用者がすぐに口座へ入金してくれるサービスを便利だ!誰にも見られないからいいね♪と大人気となっています。自分の口座へ振り込んでもらえば、あとはコンビニで引き出すと他の人から見れば自分のお金をおろしているようにしか見えないのが大きな利点です。

パート・アルバイトでも安定した収入があれば、すぐに借入ができるので、利用者の申込資格は幅広いと言えます。しかし、収入のない専業主婦(夫)も銀行カードローンならば借入が小額でしたが可能でしたが、消費者金融系カードローンでは断られてしまうのです。銀行カードローンのように、収入が0円の専業主婦(夫)でも配偶者に定収があれば借入できるというわけにはいかないのです。

消費者金融カードローンの申込みに必要な書類は、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)です。借入希望額が50万円を超えている場合、借入希望額と現在の借入残高をあわせて合計100万円を超えている場合には、収入証明書類として源泉徴収票・確定申告書・給料明細書などが必要となります。

無人契約機へ必要書類を持っていき、スキャンします。インターネットで申込みする【振込キャッシング】は、必要書類をカメラかスキャナでデータ化(画像)を添付して送付します。もしくは、必要書類をコピーしてFAXで送るのです。収入証明書類を準備するのが面倒やいろいろと困難がある場合には借入希望額を50万円以下にします。もしくは、借入希望額と現在の借入残高をあわせて合計100万円を超えないように申込をすればよいのです。

大手の消費者金融会社は、公式ホームページで借り入れ診断ができるツールを準備しています。
実際に申込をすると、簡単なクイック診断で審査に通るかどうかを簡単に確認することができます。大変便利なサービスなので、消費者金融会社を利用する方からもまず借入れ可能かどうか、チェックするように人気・評判ですね。

さらに、新規申込者には、はじめての借入れから何日間かは利息を0円にしてくれるキャンペーンをしている会社もあるため、利息を負担するという観点から考えると大分ハードルは低くなると思います。

金融機関 実質年率 限度額 返済方式 比較ポイント
アイフル 4.5〜18.0% 500万円 借入後残高スライド元利定額リボルビング方式 ・ 最短30分の即日審査。1,000円から借入れ可能。(上限500万円)。
・ 主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は借入可能。
アコム 4.7〜18.0% 500万円 定率リボルビング方式 ・ 30日間金利0円サービス。
・ 振込キャッシングあり。
・ HPにクイック診断あり。
プロミス 4.5〜17.8% 1〜500万円 残高スライド元利定額返済方式 ・ 30日間金利0円サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
・ 振込キャッシングあり。
・ HPにクイック診断あり。
モビット 3.0%〜18.0% 最高800万円 借入後残高スライド元利定額返済方式 ・ 振込キャッシングあり。
・ HPにクイック診断あり。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ちなみに、金利については、【利息制限法】で、元金10万円以上100万円未満の場合は年利18%まで、元金100万円以上の場合は年利15%まで徴収することができるようになっています。

上記の表にあるように、各社とも下限金利は4%〜6%程を提示していますが、実際100万円未満の利用限度額の場合は上限金利の18%程に、100万円以上の利用限度額の場合は上限金利の15%程に、適用金利が設定されるケースが多いです。

4%〜6%程の低金利が適用されるのは、利用限度額が大きい大口の借入や収入の多い人・勤務状況で安定している人・持ち家や資産がある人などといったような貸付け条件を十分に満たしている方だけです。ここはいわゆる金利の盲点となるところで、小額の利用限度額で融資を申込すると逆に18%や15%という上限金利に近くなるので、理解してお申込をおこないましょう。

低金利のカードローンを比較しよう!|このページの先頭へ


全国で借入できる低金利カードローンはこちら!


【北海道・東北地方】 北海道 - 青森県 - 秋田県 - 岩手県 - 山形県 - 宮城県 - 福島県
【関東地方】 群馬県 - 栃木県 - 茨城県 - 千葉県 - 埼玉県 - 東京都 - 神奈川県
【信越・北陸地方】 山梨県 - 長野県 - 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県
【東海地方】 静岡県 - 愛知県 - 三重県 - 岐阜県
【近畿地方】 大阪府 - 京都府 - 滋賀県 - 奈良県 - 和歌山県 - 兵庫県
【中国地方】 岡山県 - 鳥取県 - 島根県 - 広島県 - 山口県
【四国地方】 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県
【九州・沖縄地方】 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 大分県 - 宮崎県 - 熊本県 - 鹿児島県 - 沖縄県

愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?|このページの先頭へ

金利が低いカードローンをお探しの方へ


≪ 金利が低いカードローンをお探しの方へ ≫
 キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?
 カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?
 カードローン低金利の比較で迷ったときは、どうする!?どのような方法で選ぶ??
 一般的に即日融資ができるカードローンの重要なポイントをまとめました。
 低金利のカードローンで借入しよう!3つの借入方法とは?
 総量規制対象外の低金利カードローン【銀行カードローン】の借入方法とは?
 おまとめローンは、複数の借り入れをまとめること。毎月の返済が軽くなる低金利のカードローンです。
 大口融資・大口ローンの借入ができる低金利カードローンを比較する
 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する


愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?|このページの先頭へ

現在位置:カードローン低金利 > 比較方法 > 愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは?

カードローンのお申込みの際は、契約内容をよくご確認ください。無理のない返済計画で借り入れをおこないましょう。
Copyright (C) 愛知県で借入できるカードローン!カードローン低金利の比較方法とは? 2015 All rights reserved. XML