【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する

専業主婦でも借入できるカードローンとは?

更新日:2015年 5月 8日

現在位置:カードローン低金利 > 借入方法 > 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する

専業主婦でも、借り入れの申し込みができるカードローン

■ 専業主婦向けの消費者金融で借りる

以前は、カードローンを取り扱う貸金業のルールは随分とゆるい時代がありました。
そのため、貸金業を営んでいるカードローン会社では、高利で貸付けをおこなう高利貸しや闇金という形態も多く見られました。実際に借り過ぎて返済ができない返済難民のようなサラリーマンが多かったために総量規制が制定されました。

総量規制は、借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために年収の3分の1以上の借入を制限しました。
総量規制によりそれまで無理な借入をしていたパート・アルバイトなどの低収入な方、仕事をしていない収入が0円である専業主婦の方も借入がさらに困難となりました。
専業主婦向けの消費者金融で借りる!
でも、現代のカードローンとくに銀行カードローンに多いのですが、主婦でも収入が安定している方、旦那さんなど配偶者に安定した収入がある場合には借入することが可能なのです。銀行カードローンは、総量規制の対象外なので専業主婦の方にも借入しやすいというメリットがあります。
銀行カードローンは、銀行業なので貸金業を対象とする総量規制の対象とはなりません。
ですから、年収による申込制限がないわけなのです。専業主婦でも申込みができるのです。

しかし、収入の無い専業主婦が借入できるのは、配偶者に安定した収入があるという場合等で、小額融資として30万円以内となるのです。専業主婦でも借入ができる銀行カードローン情報を、以下当ページでご案内していきますのでご確認ください。

【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

 専業主婦が夫(配偶者)の同意なしで借入するには?

近年、レディースローンが流行ってきておりますが、そうしたカードローン会社のほとんどが消費者金融ではないでしょうか?それは、女性でも安心して借入ができるという宣伝文句で生活費を小額借入できるメリットで人気なんです。即日融資でスピーディーに審査して貸付けしてくれるのですから、女性には定評のサービスと言えます。

しかし、働いている女性なら通常に借入できる消費者金融会社ですが、専業主婦という無職で収入0円の方では貸付けてくれないのも消費者金融会社の特徴でもあります。

その理由は、消費者金融会社の特徴だけではありません。
総量規制の対象である消費者金融会社が専業主婦という無職で収入0円の方には、原則として貸付けしてはいけないのです。
もし貸付けができるとすれば、夫(配偶者)の同意書や収入証明書類の提出が義務となっています。
返済困難にならないために返済できる方法があることを提示して、それを金融会社が確認することができて専業主婦にはじめて貸付けができるようになるわけですね。しかし、それでも総量規制のしわ寄せとして、金融会社が手続きの複雑化を理由に、専業主婦への貸付けを止めてしまったなんてこともあるようです。

専業主婦である理由には、皆さんがお金持ちばかりではありません。子育てや介護のためにやむを得なくという方も少なくありません。専業主婦も急な出費や物入りのためにお金が必要になることもあります。
やりくり下手や無駄遣いの場合にもお金が必要になるので、そんなときに夫(配偶者)に生活費が足りないと相談すれば、責められてしまったり喧嘩になってしまったりする危険性もありますね。

カードローンとは、専業主婦が夫(配偶者)の同意なしで借入できるというお手軽な金融商品なのです。
実は、カードローンは総量規制の例外として借入ができる場合があります。ですから、専業主婦でも夫(配偶者)の同意なしで借入することが可能なケースも認められさえすれば大丈夫です。こうして、夫に内緒でカードローンを利用している方が多くいます。

また、クレジットカードにもキャッシング機能が付いていたり、申込時に設定した場合には、いつでも利用することができます。
これなら、あたかもクレジットカードの利用料金としてとしか見られませんから、夫(配偶者)の同意なしで借入できたり、家族に知られることがなく融資が受けられたり、大切なプライバシーの保護にもつながります。

審査が厳しいと言われる専業主婦であることを考慮すると利用できることは嬉しいメリットと言えます。


【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

■ 専業主婦でもお金が借りれる理由はこちら

◎ 専業主婦でも借りられる方法があるんです!

お金を借入すると、同時に返済の義務が発生しますね。そう、お金が返済できるかどうか?という返済能力の審査です。
返済能力とは、毎月の返済ができる能力のことを指します。通常は、安定した継続収入がある方しか通りません。この返済能力の点で考えると、無職で収入が全くない0円である専業主婦は借入ができないことになります。ですが、実際には専業主婦でも借入ができるカードローンが複数あるのです。

◎ 総量規制には例外規定があるのをご存知でしょうか?

総量規制は、年収の3分の1を超える借入はできないと定められています。貸金業者を対象とした法律で、この規制のように考えられば専業主婦は借入できないこととなります。しかし、実際には、例外規定がありますからご案内いたします。

それは、夫(配偶者)の同意が必要となります。
夫(配偶者)の収入を審査対象として申込をすること、夫(配偶者)と専業主婦の借入残高をあわせて計算してください。
そうして、夫(配偶者)の年収の3分の1を超えなければ、借入ができることになります。

実際に借入ができるかどうかは、審査によるものとなりますから、他に貸付条件を満たしていなければもちろん借入はできなくなります。このように、いくつかの条件をクリアすることができれば、専業主婦でも総量規制には例外規定を利用して借入できるのです。

◎ 夫(配偶者)の同意があること、年収がどれくらいかがポイント!

銀行業である銀行カードローンの場合には、貸金業を対象とした総量規制が関係ありません。
そのために、銀行ならカードローンで年収の3分の1を超えても大丈夫なので、規制がありません。
しかし、じゃあ無職の収入が0円の専業主婦にお金を貸してくれるのか?というと、夫(配偶者)の同意があること、年収がどれくらいかがポイントとなってきます。

専業主婦が夫(配偶者)の同意をもとに収入や勤務先について、申請することが求められます。
つまり肝心な要ともなる返済能力を、夫(配偶者)が返済のサポート付きで借入ができるようになるわけなんです。

◎ 小口融資だから、専業主婦でも借りられる

最近では、専業主婦などに前向きに貸出している銀行も一部あります。
そうした銀行では、夫(配偶者)の同意や年収を確認もしないで、小額ならサッとパッと借入することができます。

では、なぜ返済能力がない専業主婦がそんな簡単に借入できるのでしょうか?
それは、小口融資だから、専業主婦でも借りられるに他なりません。まずはじめは、10万円から借入利用限度額が設定されます。数か月経って、利用状況に問題がないと借入利用限度額が30万円まで引き上げられます。最高で収入証明書が無くても50万円までなら借入ができるのです。

これくらいの金額であれば、収入がない専業主婦でも借り入れできるのは、既婚者であれば家計のやりくりをして生活費から返済ができたり、独身時代からの貯金から返済ができたりなどといった見込みがある程度の金額と言えます。
また、もしも返済ができなくなっても、家族や何らかの経緯でサポートがあれば返済ができる金額であることも大きな理由です。基本的には、夫(配偶者)の同意を得なくても専業主婦であることを申告して、夫(配偶者)からのサポートも得られることを前提としています。要は、専業主婦の場合には返済に困らない範囲で貸付けを了承してくれるというものなのです。

【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

■ 総量規制の対象外だから、借入できる!

◎消費者金融は、総量規制の対象です。

専業主婦は、パート・アルバイトによる収入も何もない方を指します。
この点でいえば、消費者金融会社の場合には総量規制の対象となる規制がありますから、原則として収入のない専業主婦には貸付けすることができません。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入しかできないとする法律上のルールであり、返済が困難になって多重債務になることを防いでくれる法律なのです。そうした総量規制も対象ならば、専業主婦が借入できない0円となってしまい、消費者金融会社のカードローンは利用対象者から専業主婦をはずしている場合が少なくありません。

◎総量規制には例外規定があります

でも、専業主婦だからといってあきらめていませんか??
実は、諦めるのはまだ早いのです!実は、総量規制には例外規定が定められています。これによれば、夫(配偶者)に安定した収入があり、夫(配偶者)の同意を得たうえで申込みすれば良いのです。

夫(配偶者)と専業主婦の自分があわせて、夫(配偶者)の年収の3分の1を超えないことで借入することができます。例えば、夫(配偶者)の年収が600万円だった場合には、夫(配偶者)に借入が無ければ、専業主婦の自分が最高で200万円まで借入することができます。

このときに、もし夫(配偶者)が既に150万円借入している場合には、専業主婦の自分が借入できるのは、50万円までとなります。
この総量規制の例外規定が利用できるのは、配偶者のいる専業主婦だけの特典です♪

自分も無職だけど?と言う方が学生の場合には、この総量規制の例外規定は適用できません。
そのため、収入がない限りは消費者金融会社では借入ができません。最近では、学生がパート・アルバイトをしているなんてことは普通ですし、そうした安定した収入がある学生OK♪と宣伝を出している消費者金融会社も多く見かけるようになりました。

まとめると、専業主婦が借りるなら、総量規制の例外規定か銀行で借りること!例外規定が利用できる分、無職の学生などよりも専業主婦は優遇されているからお得なのです。

◎ 内緒はNG!配偶者にも相談すること!

上記であった総量規制の対象でもある総量規制で借入するためには、夫(配偶者)の同意が必要なんです。これは、例外規定を活用して借入するためなので、夫(配偶者)に内緒にはできないんです。そう必ず夫(配偶者)に相談して同意をもらうこと!

もちろん、契約書にもサインをもらうとかが必要です。単に、口頭で同意してもらうだけでは足らないのです。
ですから、最近流行りのネットで申込みが完了するような消費者金融会社でも、専業主婦の場合には書類による手続きが必要となります。書類を持って来店するか?郵送による書類の送付が必要となります。

なので、専業主婦が借入をするとなると、通常の方よりも少しだけ手間や時間がかかるので、予め確認して知っておくとよいでしょう。
そのために、夫(配偶者)の同意するサインした書類の他にも、夫(配偶者)の年収や勤続年数はもちろん、勤務先への在籍確認もあります。そのため、いざ借入しよう!というときは、夫(配偶者)ともしっかりと話し合いをしておくことが必要なのです。


【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

■ 夫(配偶者)に内緒でお金を借りたいんだけど・・・

女性専用のレディースキャッシングがあります。
特に多く借入を希望されているのが、消費者金融会社のカードローンになります。でも、消費者金融カードローンは、総量規制の対象ですから収入のない専業主婦だけでは借入ができません。

でも、どうしても内緒で借入したいときは、銀行系カードローンが良いのです。消費者金融会社で借入ができない場合にでも、銀行系なら総量規制の対象とならずに借入ができる場合があるのです。この場合には、小額で高金利のものとなるのですが、実際には女性の多くが利用しているのは、大手の銀行系カードローンなのです。

夫(配偶者)の同意書があるならば借入がしやすいですが、50万円までならば専業主婦だけの申込みでも借入ができるのです。それは、小額だから返済能力うんぬんの面では何とかなると言われている利用限度額しか設定してくれないということです。
おおよそ、10万円とか20万円という低い借入となりますが、内緒で借入するには夫(配偶者)の同意書が必要ない銀行系カードローンしかないのです。

【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

■ 専業主婦でも安心して借りられる銀行カードローン

◎ 専業主婦が借りるなら、銀行カードローンがおすすめ!

銀行カードローンは、専業主婦に最適なローンなのです。銀行カードローンの特徴が総量規制の対象外であることが何よりも大きいのです。それは、総量規制の対象だった場合に年収の3分の1までしか借入ができないと言う点が要因です。
消費者金融会社でもっと借りたいと考えても、法的に違法となり借入が制限されてしまうのです。

消費者金融会社 ⇒ 年収が300万円までの方ならば、100万円までしか借入ができない。
銀行カードローン ⇒ 年収が300万円までの方でも、300万円でも借入ができる。

※銀行の審査を通れば、高額融資もOKなのです♪

上記のように、消費者金融会社からは借入ができないと悩んでいる専業主婦の方は、どうぞ銀行系カードローンに申込をしてみましょう。銀行は、特に同意書も必要がありませんし、プライバシーもしっかりと厳守してくれる安心&信頼できる金融機関です。
当然ながら、夫(配偶者)にもバレナイように配慮をしてくれますし、ご自分が知らせなければ内緒で借入することができます。

◎ 低金利だから、人気の銀行カードローン

銀行カードローンを利用するメリットとしては、金利が低いことです。信販系や消費者金融系など金融機関がありますが、とかく低金利なのは銀行カードローンなので、返済額を抑えることができるんですね。

銀行カードローンの低金利を活用して返済額を抑えることも大事ですが、返済期間を延ばすような方法はオススメできません。やっぱり一番大切なことは返済期間を短くすることなんです。返済期間を長期に設定すると月の支払いは楽になるのですが、実際にはローンの完済までには時間がかかります。

銀行カードローンにすると、低金利で負担が少なくできるので、返済期間も短くすることができます。はじめてのカードローン利用者にも専業主婦にも、銀行カードローンなら金利15.0%程で貸してくれるから低金利で助かりますよね。
他の金融機関の場合には、収入が少ない方やはじめての借入の方は金利18.0%程となってしまうことが多いのです。そう考えると、銀行カードローンは、金利が3.0%程低くなっているので、活用するメリットが高いと言えますね。

◎ 夫に内緒で借りるのは難しくない

カードローンの申込方法には、いくつかあり 店舗窓口・インターネット・電話・メールなどからおこなえます。利用したことを知らせなければ、周囲の方にバレる心配はありません。
近くに店舗窓口がない、または窓口へ行く時間がないという方は、インターネットからWEBで完了する申込方法もあります。まずは、インターネット上でカードローン公式HPにある簡易審査をおこなうことでホンの数秒で結果がわかるカードローンもあります。

簡易審査で借入ができそうなら、本審査に申込します。実際の融資までにたった30分程で手続きが完了するので、まさに即日融資をおこなえるという便利なサービスですね。この申込方法なら、夫(配偶者)にも知人・友人にも知られる心配は、ほとんどありません。
カードローンの申込みをしてカードを受け取ったら、コンビニATMでお金を借入したり、カード不要で融資は銀行への振込入金をしてもらうこともできます。

信販系のオリックスが取り扱うカードローンでは、WEB完結契約する便利なものもあります。カードを発行したりはなく、指定した銀行口座への入金という方法で借入ができるのです。このようなサービスのメリットは、カード発行後に受け取ったり、店舗窓口へ出向く必要がありませんから、ご自分の銀行やコンビニのCD・ATMで簡単にお金を引き出すことができます。
例えば、誰かに見られてしまっても自分の銀行口座からお金を引き出しているようにしか見えませんので、信用や不安もなく安心なのです。

【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

■ 専業主婦が銀行カードローンの審査に通過する条件

◎ 銀行カードローンの審査は難しくない

銀行は審査が厳しいから、借入は難しいと言われますが、カードローンに関しては審査も柔軟になっています。
一番借り入れがしやすいとされているのは、銀行に口座があり給料振込や住宅ローンをしている場合になります。もう既に取引が成立しているので、現在の契約に追加するというような感じで審査から借入までスムーズになります。

こうした以外にも専業主婦の方が利用する場合も多くて、一回目で審査を難なくクリアするという方も多いのです。
銀行カードローンの公式HPでは、簡易審査ができるページも最近では見かけるようになりました。まずは、そちらで借入ができるかどうかを確認するとよいでしょう。簡易審査は無料なので、審査に時間がかかったあげく借入ができないと言う時間的なリスクを、100%ではないですが軽減してくれる大変便利なツールなんです。
また、簡易審査をしたからといっても本審査には影響がありません。最初から本審査でも良いですがせっかくあるんですから、事前審査として活用しましょう。

このように、WEB審査申込をおこなうと夫(配偶者)にも内緒で借入をすることもできます。契約・利用状況をWEB上で確認することができるので、多くの専業主婦の方が利用されています。ご自宅に利用明細書が届くのが困るから嫌だなあと言う方は、WEB上でこうしたツールを利用しましょう。WEB上のツールでは、専用ページへのログインが必要になるので自分以外の方は見ることができません。

◎ 銀行カードローンの利息について

銀行カードローンの低金利ならば、利息も少なくてすむでしょう。まずはじめに借入シュミレーションをして、利息がどのように発生するのか?確かめておくと借入〜返済までのスムーズなご利用ができるのではないでしょうか。
カードローンは、利用限度額により金利が決まります。金利表をみると一目瞭然ですが、小額返済の場合だと利息が増えるので、無理のない範囲で多めに返済すると利息が減ります。利息を減らすポイントは、早めに返済することが大事なんです。

カードローンの多くは、長期返済プランも用意されていますが当然利息も大きくなります。完済の目安は、なるべく1〜3ヶ月以内におこなえれば良いですが、できなければ6ヶ月以内を目指しましょう。

利息の計算について、1ヶ月で完済すると大変わかりやすいです。実質年率15.0%だと、年間15.0%の利息が付きます。
例えば、100万円借入すると15万円の利息となります。1ヶ月では12,500円の利息となり、2ヵ月では25,000円の利息となります。こうしてみると、1ヶ月でも早く完済した方が利息が少なくなることがわかりやすいですよね。

さらに、15日間で完済するとなると、1ヶ月の半額で6,250円の利息なんです!

◎ 銀行カードローンは収入証明は必要なの?

でも、銀行カードローンだと、いろいろと手続きが面倒で審査も厳しいんでしょ?と言われる方も多いのですが、実際にはその逆で小額融資の場合には収入証明書を必要としないローンも多いのです。
もしも、収入証明書が必要ならば借入したくないという方もいれば、じゃあ収入証明書が必要のない小額で借入するというのも手間を省いて良い借り方なのです。

100万円までは収入証明書が必要ないというカードローンも登場しました。金額が大きくなると必要書類も多くなりますし、審査にかかる時間も長くなっていきます。即日融資を希望される方は、時間がかからない小額融資にしましょう。

【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ


全国で借入できる低金利カードローンはこちら!


【北海道・東北地方】 北海道 - 青森県 - 秋田県 - 岩手県 - 山形県 - 宮城県 - 福島県
【関東地方】 群馬県 - 栃木県 - 茨城県 - 千葉県 - 埼玉県 - 東京都 - 神奈川県
【信越・北陸地方】 山梨県 - 長野県 - 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県
【東海地方】 静岡県 - 愛知県 - 三重県 - 岐阜県
【近畿地方】 大阪府 - 京都府 - 滋賀県 - 奈良県 - 和歌山県 - 兵庫県
【中国地方】 岡山県 - 鳥取県 - 島根県 - 広島県 - 山口県
【四国地方】 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県
【九州・沖縄地方】 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 大分県 - 宮崎県 - 熊本県 - 鹿児島県 - 沖縄県

カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?|このページの先頭へ


金利が低いカードローンをお探しの方へ


≪ 金利が低いカードローンをお探しの方へ ≫
 キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?
 カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?
 カードローン低金利の比較で迷ったときは、どうする!?どのような方法で選ぶ??
 一般的に即日融資ができるカードローンの重要なポイントをまとめました。
 低金利のカードローンで借入しよう!3つの借入方法とは?
 総量規制対象外の低金利カードローン【銀行カードローン】の借入方法とは?
 おまとめローンは、複数の借り入れをまとめること。毎月の返済が軽くなる低金利のカードローンです。
 大口融資・大口ローンの借入ができる低金利カードローンを比較する
 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する


【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する|このページの先頭へ

現在位置:カードローン低金利 > 借入方法 > 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する

カードローンのお申込みの際は、契約内容をよくご確認ください。無理のない返済計画で借り入れをおこないましょう。
Copyright (C) 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する 2015 All rights reserved. XML